神喰処

GOD EATERに関する情報やゲームのプレイ日記

GOD EATER シリーズ 発売中!

  • GE3(最新作)NEW!!

    楽天最安値
  • GE3(初回限定生産版)NEW!!

    ・特製三方背ボックス
    ・デジパック仕様サントラCD
    ・オリジナルアートブック
    ・早期購入特典、初回限定生産版特典が付属
    楽天最安値

GOD EATER シリーズ 最新アップデート状況、今後の予定表

GE リザレクション:1のリメイク版> (意見フォーム) [プレイ日記
アプデ配信中Ver1.30(2016/12/1)アイマスコラボ、DLC全解放
購入特典特典まとめ / アナザーキャラまとめ
体験版序盤まるごと体験版 (2015/10/28:アプデ配信Ver1.01)

GE オフショット:1のスピンオフ> 生活密着撮影ゲーム [プレイ日記

GE2 レイジバースト:2の完全版> (意見フォーム) [プレイ日記
アプデ配信中Ver.1.40(2016/12/1)アイマス,テイルズ,SAOコラボ
DLC開放中ジーナ&ブレンダンアナザーキャラ開放パック(2015/5/29)
購入特典各特典とアナザーキャラまとめ
体験版無料体験版 序盤丸ごと+α  【重要】体験版からの引継ぎ時の注意!

GE3:最新作> Switch版、発売決定!意見フォーム) [プレイ日記
アプデ配信中Ver.2.30(2020/1/16)NEW!!
購入特典DLC特典まとめ&画像(衣装・PS4テーマ)
体験版「アクション体験版 改」配信中

<過去作品 最終アップデート状況>(GEB、GE2)

<スマホアプリ> GEオンライン / GEレゾナントオプス

TVアニメ:1のアニメ> Blu-ray [アニメとCDの感想

<パチスロ> パチスロGE / パチスロGE2

<関連商品> [GE系の書籍まとめ / GE2系の書籍まとめ / 感想リスト
配信中 LINEスタンプ GEシリーズ+レンカ / GEレゾナントオプス
配信中 楽曲 GER用にリファインされた曲の配信(配信限定)
8/28 ビジュアルアートワークス NEW!!

〉〉 コードヴェイン 画集「公式設定画集 創世の記憶」購入レポート DLC画像

2019.12.28 (Sat)

コードヴェイン 画集「公式設定画集 創世の記憶」購入レポート




CODE VEIN 公式設定画集 創世の記憶

編集:ファミ通書籍編集部
発売日:2019/12/26
仕様:A4サイズ、320ページ、フルカラー
付録:カスタマイズパーツ「獣耳カチューシャ」4種、「フェイスペイント 光・闇・斬」DLC
価格:3800円+税

<内容>
・キャラクターたちの設定、美しい背景、緻密なアイテム設計など数々の設定画を、制作者のコメントも交えてたっぷり掲載
・立ち上げ時のエピソードから制作秘話まで興味深い話題満載の開発者インタビュー、雑誌の表紙や販促用に描かれたさまざまなイラストも一挙掲載
・カバーイラストはキャラクターデザイン担当・小林くるみさん描き下ろしのイオ

※プロダクトコードの受付期間は2021年12月25日まで
※プロダクトコードはPS4版のみ
※特典アイテムは、後日無料配信される可能性あり





<内容>
デザイナーコメント付き

・キャラクター(設定画、解説、牙装デザイン、マスクデザイン、初期デザイン、ラフ絵、表情集など)
・エネミー(設定画、3Dモデル、武器設定画、部位構成・質感イメージ、デザイン案)
・武器、マスク、デザイン候補案、フィールド背景、オブジェ&ガジェット、未使用フィールド案
・エクストラ
 ┗ 開発スタッフインタビュー(飯塚P、吉村D)
 ┗ キーアート、イラスト
 ┗ マーク&シンボル
 ┗ オープニングアニメの絵コンテ
 ┗ 企画立案時のデザイン




小林くるみさんを始めとしたイラストレーターの絵や設定画や初期絵などが大量に見られるのが最大の魅力!
キャラクターの年齢や身長も判明する。
担当者のコメントで、デザインのコンセプトや、キャラが身につけている物の意味なども分かる。
イラスト数も多いが、設定画の指示やコメントも多く、全部読むにはかなりの時間がかかる量。

主人公衣装・牙装・フィールドの未使用デザインが結構あり、何故これが実装されなかったのかという悔しさを噛み締めながら見ることになるw

コラボイラストや、Twitterに掲載された絵も収録されている。
コードヴェインに関する、ほぼ全てのイラストが掲載されているのではないかと思う。
非常におすすめの一冊!

以下は、DLC画像と詳しい感想などを。

コードヴェイン 付録のDLC画像


「獣耳カチューシャ」4種セット

コードヴェイン

付録の「獣耳カチューシャ」4種セット。
普通の獣耳、片方が折れているもの、逆側が折れているもの、両方が折れている獣耳、の4種類。
カラーリングは自分で変えられる。サイズや位置も調整可能。


コードヴェイン

ピンクと黒の配色に変えてみた。
カチューシャなので、よく見ると頭の上辺りにカチューシャ部分が見える。


コードヴェイン

こちらは、デフォルトで入っている猫耳。比較のために載せておく。
猫耳はふわふわした素材で、獣耳とは印象が違う。


コードヴェイン

獣耳の片方が折れたバージョン。


「フェイスペイント 光・闇・斬」セット

コードヴェイン

光・闇・斬の文字のフェイスペイント。
色やサイズや貼る場所を調整できる。

コードヴェイン 画集「公式設定画集 創世の記憶」感想


表紙
イオが主人公の武器に寄り添っているイラスト。
表紙部分だけだと素敵な絵だが、一枚絵で見ると、光の表現に儚さを感じる。



キャラクター
コードヴェイン

主人公の衣装は、衣装ごとにイメージが決められている。自分が一番気に入っている↑ネクタイとスカートの衣装は、学生っぽいと思ってたのに、まさかの「マフィアタイプ」の衣装だったww 分かるような全く分からないような。初期案も可愛いからバージョン違いで出して欲しかった!
他にも、お蔵入りとなったデザインで良い衣装が大量にあってもったいない。これだけあるのに実装されたのは7種類(再始動前は5種類だった)という謎。

キャラクターには年齢と身長が書かれているが、年齢はみんな「享年」だww

ルイは初期から既にデザインの方向性が固まっていたが、初期のヤクモはヤンチャすぎるww ヒャッハー系。頼れる兄貴系になってくれて良かった!

ミア、享年18歳。元々のイメージ的にはピッタリだけど、身体のサイズ的に14歳くらいなのではないかと思ってたから・・・うんw 服(ビスチェ)が合ってない理由も書かれているw ラフ絵がツンツンしててかわええ〜!

ちなみに、エヴァもクルスも享年18歳。この三人、とても同い年には見えないwww

イオのキーワードは巫女。フードはシスター。神聖なイメージでデザインされたようだ。初期絵は現在のイオと違うものばかり。シオに似ているから、最初からあの系統でデザインされたと思っていた。

ジャックの初期絵は、マフィアのボスみたいな牙装を着ているのがあるw
享年22歳。20代後半〜30歳くらいかと思ってたのに若造かっ! エヴァ18歳もそうだけど、全体的にみんな若いな。この二人は大人の魅力があふれるキャラだと思ってたから驚き。死んでから数年後の話だから、実質的にはもうちょい上とはいえ。

ムラサメが普段からマスクを付けている理由は、武器加工を頻繁に行うから、のようだ。

ココ享年21歳。人生経験が豊富そうで貫禄あるから、31歳でも驚かないのに21歳とは。何歳で子供を産んだんだ。

デイビスは初期ラフでは髪があったw 片目が赤い理由は、ロストになりかけているから・・・だと・・・!?

シルヴァが個性的な三つ編みをしている理由が知りたかったが、やっぱりクルスとお揃いという理由みたいだw



エネミー
コードヴェイン

毒蝶の尻尾について、GEの捕喰口に似せるような指定でもあったのかなと思っていたが、特に書かれていなかった。GEの関連など突っ込んで書いてほしかった気もするけど、他作品の名前は出さないか・・・。

処刑者は以前、公式ブログでも初期絵と共に掲載されていたが、それとはまた別の初期絵が何枚も掲載されている。どれもかっこいい。堕シスターとか好みなので、どこかで日の目を見たらいいなあと思う。

ミドウは最初からああいう系統でデザインされていた。人間としての姿は一切載っていない。いつか明かされる時が来るのかな。大崩壊以前のミドウとシルヴァを見てみたい。

コクーンメイデンのような地縛の愚者は、地面に埋もれている絵も描かれている。最初は地中にいて、近づくと地上に出てくるタイプの敵として構想されていたんだろうか。デザイン案がどれも厨二でいい!

編集ミスだろうか、濁流の貪食者の部位構成・質感イメージの欄が空白なのだが・・・データを入れ忘れた!?



装備品・背景
オウガ・スティンガー・ハウンズ・アイヴィのマスクの構造とデザインが描かれている。
マスク部分だけをじっくり見られる良い機会。
吸血マスクが出てくる過程なども解説されている。


コードヴェイン

雪山でよく着るスティンガーの冬用コート。
設定画では、フードなどのポイント部分は柔らかいもふもふの質感と指定されている・・・しかし実装されているのはコレ・・・。もふもふコート欲しかった!

ホワイトグレイス系は、女性らしいものがあっても良いのではと思いデザインされたもの。ありがたい!
画集に掲載されている、ホワイトグレイスを装備した女性主人公3人がまた可愛いのだ・・・!

デザイン候補案では、未使用の牙装が色々と見られる。
中でも、厨二を極めたアイヴィが気になる。装着してみたいww

未使用のフィールドデザイン案は、ここに行ってみたいという場所ばかり。DLCで使ってくれればいいのにな!

インタビューはたっぷり6ページ。
世界で勝負できるようなゲームを作ろうということで開発がスタートしたことや、吸血鬼を題材にした理由、ゲームの仕様についての様々な話が語られている。
記憶の残滓の演出についてや、それぞれのキャラ、拠点についての話が特に興味深かった。拠点で椅子やベッドに座れるが、あれは開発終盤に担当者がこっそり追加したというw なんという素晴らしきスタッフさん!!



エクストラ
コンセプトアーティストの幸田和磨さん(ニーアなど担当)によるフィールドアートがどれも美しい。横長サイズだから仕方がないとは言え、もっと大きいサイズで見たかった。

多数のコラボイラストや、献血キャンペーンのイラスト、エンブレムやバディアイコン、ブラッドコードのイラストなど色々と掲載されている。ブラッドコードのイラストのデザインコンセプトなどをコメントしてほしかった。

献血キャンペーンは、台湾で行われたらしい。
GEの仕事もしていた、そがべしゅうじさんが写真を載せていたので貼っておこう。
この二人、コスプレ感しかないw





企画立案時のデザイン
開発当初のデザイン画を見ることができる。
どれも非常に魅力的! ただ、ゲームとしての実装が難しそうなデザインもあって、試行錯誤の末、現在の形に落ち着いたんだなと。スティンガーの原型となった牙装をミアが発動しているが、これまたかっこいい。

錬血アクションのイメージ画もあり、こちらもテンションが上がるものばかり!

コードヴェインという作品が、長い年月をかけて開発されたというのを実感。
完成絵だけでなく、初期絵や、その前の企画立案時の絵まで見られたのが嬉しい。
非常に充実した画集だった。
関連記事

コメント(※ネタバレを含むことがあるため、観覧注意!)


設定すると削除や編集が可能
管理人のみに表示

トラックバック